訪問読者人気閲覧ページランキング

ピアノ初心者

ピアノ初心者

ピアノ初心者

コツをつかもう

ピアノ フォーム

 

ピアノは、鍵盤を押せば音が出ます。
ですから、指のどこで鍵盤に触れても音を出すことは出来ます。

 

極端な話、肘やあごで突いても音は出ます。
プロの演奏家でも、感情の高ぶりに合わせてそんな弾き方をする人もいます。

 

しかし、特に意図してそういった弾き方をしないのであれば、
指の一番敏感な部分で弾くようにしましょう。

 

初期の練習から、鍵盤にタッチするポイントを意識しましょう。
しっかりと指の敏感な部分で鍵盤に触れるクセを付けることが
ピアノ上達の大きなコツのひとつです。

 

 

指の敏感な部分でタッチしよう

繊細な優しい弾き方をしたり、強い力で鍵盤を叩くように弾く。
そういった鍵盤のタッチを、自在に調整するコツは
指先の敏感な部分で鍵盤に触れることです。

 

具体的には、指先の一番膨らんだ部分です。
爪から少し離れた、指の真ん中のところですね。

 

pic21.gif

 

それぞれの指の先を、親指でそっと撫でてみてください。
一番敏感に親指の感触が分かる部分がありますね?
そこで鍵盤に触れるようにしましょう。

 

このポイントにはそれぞれ個人差があります。
きちんと確認して、自分のポイントを見つけましょう。

 

 

フォームを整えよう

指が伸びている状態だと、きちんと指の先端で鍵盤に触れることができません。
指先で触れるためのコツは、手のひら全体と指の力を抜いて
自然に指全体がふわっとカーブするようなフォームで演奏することです。

 

指の形の基本的なフォームは、以前に説明しましたね。

 

「美しいフォームでピアノを弾く」
それだけで何だか上手く見えるようになるから不思議ですね?

ピアノ コツ

フォームが綺麗だと、指を速く動かしたり、力の加減を調整することも、
スムーズにできるようになります。

 

鍵盤を押す時のフォームとタッチするポイントをしっかりと覚える。
そうすれば、効率よく上手く弾けるようになります。
それが、ピアノ上達のための大きなコツのひとつです。


 

 

初心者向けピアノレッスンDVDランキング

ピアノ初心者

 

ピアノマニュアル

【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!海野先生が教える初心者向けピアノ講座 ピアノレッスン 第1弾・2弾・3弾セットの特徴

楽譜も読めない初心者がたった30日間であの名曲をスラスラ弾けた。基礎から学びたいあなたに送るピアノ初心者専門プログラム。

 
 

ピアノマニュアル

ピアノ教室 中村姉妹のピアノレッスンの特徴

テレビ東京「豪腕コーチング」でピアノ初心者をたった10日間でマスターさせ、No.1コーチとして勝利! 実績に裏打ちされたプロのピアノコーチングがあなたの自宅に届く!

 
 

ピアノマニュアル

□30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!海野先生が教える初心者向けピアノ講座の特徴

海野先生が教える初心者向けピアノ講座。ランキング1位【ピアノ3弾セット】の簡易版。まずは1弾だけ試したい方はこちら。